指導者紹介

顧問

辻秀幸 - TSUJI  Hideyuki -

幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京藝術大学声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。

1985 年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L. グゥアリーニ女史、F. タリアヴィー二、H. リリングの各氏に師事。1986 年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。その後、欧州数都市で「第九」のソリストを努め、各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開する。特に宗教音楽の演奏家としての活躍は目覚しく、ソリスト、福音史家、指揮者として、その活動は常に注目を集めている。現在指導に当たっているアマチュア合唱団は15団体を数え、合唱コンクール審査、講習会講師も多く勤めている。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座』、同シリーズ『フィガロの結婚』がある。

洗足学園音楽大学講師、東京藝術大学講師、日本合唱指揮者協会副理事長、東京都合唱連盟副理事長、日本演奏連盟会員。


指揮者

中村拓紀 - NAKAMURA Hiroki -

サボー・デーネシュ氏に指揮と音楽指導を師事。同氏による「指揮者のための国際マスターコース」を(2002年~)修了。2010年より同氏の下(ハンガリー・ニーレジハーザ市)で研鑽を積み、2011年帰国後もその交流を絶やさず今日に至る。

声楽を長谷川敏、上田武夫の各氏に師事。ソロCDアルバム『このみち』を2008年リリース。

幼少より音楽教室に通い、小学生の時は金管バンドに所属。中学時代の合唱部入部をきっかけに、声楽のほかに指揮と作編曲を学ぶ。大学入学以後は特に辻秀幸氏、清水敬一氏、岩本達明氏らとの出会いに強く影響を受け、室内合唱に研鑽を積み国内外の演奏活動を経験する。

洗足学園音楽大学声楽専攻卒業。川崎市合唱連盟副会長。かながわ合唱指揮者クラブ運営委員。日本合唱指揮者協会実行委員。日本ハンガリー友好協会会員。上野学園大学講師。